車の「フロントガラスをカスタムする」新しい発想



      このエントリーをはてなブックマークに追加

カラード・フロントガラスのメリット・デメリット

プライバシーを守るためや、格好が良いという理由などから、自分の自動車のガラスに色がついたフィルムを貼り付けている方も多いと思いますが、基本的にフロントガラスと運転席ガラスと助手席ガラスには、色がついているフィルムを貼り付けることはできないようになっています。

しかしフィルムが貼り付けられた状態で、可視光線透過率が70%以上の場合は大丈夫となっています。


警察に停められる可能性も

可視光線透過率が70%以上の場合はもちろん車検もクリアできるので問題はないのですが、フロントガラスなどに色が付いている状態で公道を走っていると、警察に停められる可能性もあり、せっかく基準をクリアできたとしても、全ての警官が測定器を持っているとは限らないので、やはりフロントガラスには色がついたフィルムは貼らないようにした方が安全であると言えます。

また基準をクリアしていたとしても、町の整備工場などでフィルムを剥がされることもあるので注意が必要です。


特殊な金属皮膜を挟みこんだガラス

しかしどうしてもプライバシーを守りたいという人や、他の車と差をつけたいという人たちのために、最近では特殊な金属皮膜を挟みこんだガラスも販売されています。

もちろん保安基準に適合しているため、車検もクリアできるようになっていて、警察に停められることも、貼り付けたフィルムを剥がされることもありません。

最近ではどんどん新しいカー用品などが販売されているので、車好きの人はどんどん新しい商品を取れ入れて、カーライフを満喫するようにしてください!

ABOUT

運営者
クリアビュー・ドライブサポート
免責事項
当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。