車の「フロントガラスをカスタムする」新しい発想



      このエントリーをはてなブックマークに追加

JISマークについて

JISマークとは、日本工業規格に適合している製品につけられるマークのことで、JISマークは日本工業規格が定めた厳しい審査に合格した製品だけに与えられるものとなっています。


JISマークと言えば、丸い円にJISと書いているマークのことだとすぐに思い浮かぶ人も多いほど今ではメジャーなものとなっていますが、これは1949年に制定された工業標準化法にもとづいて、鉱工業製品の規格を統一することにより、品質の改善や生産能力の向上などを図る目的で制定された国家規格のことで、製品の種類ごとに、寸法や形状や品質や耐久度や使用方法や安全などの技術的条件についての基準を定めて、それを促進することにより、品質を向上させて生産体制の合理化を促しています。


安心して使える製品

すなわちJISマークがついている製品は、JIS規格をクリアしている製品ということになり、たくさんの異なったメーカーが別々に商品を作ったとしても、JISマークがついていれば、同じ目的で使用できることになります。

たとえば乾電池はどこのメーカーのものでも異なる商品で使用できるようになっていて、シャープペンシルの芯も、サイズが合えば全てのメーカーのものを同一のペンの中に入れて使うことができます。

もしJISマークがついていなければ、それができない場合もあるので、JISマークがついているかどうかはかなり重要なポイントであり、またJISマークがついていれば安心して使える製品だということを証明できることにもなるでしょう。

Pick-Up

福島のiPhone修理:i-Repair福島店

ABOUT

運営者
クリアビュー・ドライブサポート
免責事項
当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。